Le151Prs

Price ¥320,000+tax

S/N 1603364

SPECIFICATIONS
Body Type : Original Shape
Top : Solid Sitka Spruce
Side & Back : Solid Indian Rosewood
Neck : African Mahogany
Finger Board : Ebony
(43mm / 56.5mm / 455mm)
Posittion Mark : Snow Flakes(12F)
Head Plate : Indian Rosewood 2.5mm
Volute : Diamond type
Bridge : Pyramid (Ebony)
Rosetta : Abalone/Wood
Trim : Wood Mosaic
BackCenter : None
Binding : Flame Maple ( Body.Neck.Side )
NeckEnd Cap : Birdseye Maple
Finish : All Lacquer Matte
Scale : 645mm 14Flet joint
Nut & Saddle : Bone
Pickguard : Less
With Hard CASE
コンセプト
K.countryを始めて16年が過ぎ、小倉博和氏が「山弦」ツアー等で使用していたLek28シリーズの基本となった Lek04rsを更にグレードアップしたモデル、LeD151rsとLeD151Prsを造りあげました。 LeD151rsは表板にシトカスプルース単板と、裏・側板はインディアンローズウッド単板を使用、すべて手削りで 造り上げています。蛇腹部分はよく見かけるスリット部分を外側に接着して強度を高め表甲・裏甲共も違ったRの 膨らみをもたせることで鳴りを良くし、音量・音色バランスも抜群に良い出来です。 また塗装はラッカーつや消しで薄く仕上げているので更に鳴りは最高です。 最終調整は今まで通り今西が担当し、お客様のお好みのセッティングにしてお渡し致します。
各部詳細

  • トップ材は10年以上寝かせたシトカスプルース単板。サイドバック材はトップ材と相性の良いインディアンローズウッド単板。 縦縞の木目が美しく、高域から低域までバランスの良い音質が特徴です。裏板(インディアンローズウッド単板)センターの 飾りをなくしブックマッチ接合。

  • スローテッドヘッド。天神(ヘッド部)の突き板にはサイドバック材と同じインディアンローズを貼っています。 国内ではあまり見る事のできないブラスギヤのGotoh製peg。 ネック裏のダイヤモンドボリュートは高貴さを演出。1つ1つ丁寧に手作業で削り出し、美しく上品な仕上がりでネックの強度を高めます。

  • 完璧な接合部。演奏性や鳴り音を左右する大切なポイントです。音の伝わりに最も重要な部分です。(写真左 6弦側) ダブテールジョイント方式(蟻溝加工)で組み上げられた隙間なく完全密着の接合部。(写真右 1弦側)

  • ハイフレットが弾き易いように削り出しました。演奏性の高いネックヒール形状です。

  • 指板は保護のためリンシードオイル風の英国産高級オイルで美しく滑らかに仕上げました。 トリムは新たなデザインを採用、12Fにスノーフレークスを入れています。 フレイムメイプルのバインディング。サウンドホール回りのロゼッタはアバロン貝とウッドで仕上げています。

  • エボニー削り出しのピラミッドブリッジ。ブリッジサドルは牛骨製で音の要となる調整はお客様の好みに合わせてお渡しいたします。 ブリッジサドル取付溝に角度をつけ弦振動を更に強くボディに伝えます。

  • 裏甲、胴の接合部に使用する補強材の蛇腹を通常の逆に取り付ける方式“リバースカーフリング”を採用し強度を高めました。 製作者、小林 大作と企画デザイン、今西 健の両名のサインとシリアルナンバーを入れています。

  • ネックエンドキャップはバースアイメイプルを使用。お好みの位置にストラップピン取り付け可(※オプション) 落ち着いたオールラッカー塗装で鳴りは抜群です。軽量かつ丈夫な専用ハードケースが全てのモデルに付属します。
ページのトップへ戻る